上海に焦点を当てて木の中で転覆しています。-9c8921

集束鞍山丁寧朱雨玲樊振东は堀に転覆-捜狐スポーツきゅう、く月23日、2016年に卓球の全国大会で男女団体競技鞍山で無事に終瞭し、結果上海チームと四川チームがそれぞれ男女団体優勝を獲得、そのうち上海男子実現3連覇を達成し、4川リリカルなのは邱贻可総監督指導、金花朱雨玲指導の下で初めて味わう全選手権団体優勝味。全錦試合は各ブランドの高さを重視して、国内の参加者数が最も多く、影響力も最大で、国家チームのコーチが人材を考察する良い試合で、卓球の新人が出た舞台で、男女団体の4人を獲得したチームは、明年全運会団体の資格に直接参加して、シングルスは全国8名を獲得して、直接国家チームに進学しました。『本文系卓球版オリジナル』では、特にキャプテン翼がせっかくの良い機会に参加して、天にも恐れず、高レベルの選手や全国優勝、世界優勝に挑戦します。今回の団体の試合では、国の男女のチームは、それぞれの大主力を除いて、このチームに参加して全力を尽くしています。男子チームの試合においては、前の両チームの試合では、代表チームの男女の主力が正常に発揮されていて、一般的に第一ラウンドが主力となっており、第二次主力選手が登場し、すべて順調に任務を達成した。決勝トーナメント進出の段階では、ただ未来リーダー樊振东、団体の準決勝で、太いの解放軍の主力として1番の初回盤にはさんで出場、かなわない山東队小将孔令轩は、まず第一局11-6を持って、孔令轩11-8扳平;続け11-5領先でさ、また孔令轩で11-9追いつき、延長戦を11-13末。『本文系卓球ネットブックオリジナル』の女性チームの試合では、新しいオリンピック大会の優勝は、前回の優勝未来の核心的なものと陳夢はそれぞれ1点に負けています。いちはちで決勝で、より朱雨玲いちさん(ご、じゅうに、-きゅう、く、いち)朱雨玲テニス肘から再発、いちさんより負け湖北隊冯亚兰、スコアは5-11、10月12日、11-9、1~11。第4の決勝戦では、山東チームの第1の主力は、1対3のチームチームのホーム戦で遼寧チームに戦っていたものであり、昔の両チームは前の両チームで主導してきた。目の前に明るいのは大スラム街で、この試合で初めて監督として現場指導を行いました。「本文系卓球網自慢のオリジナル」北京チームの丁寧さは、第2盤でアムール川語に向かっていた。それに対して、長さとはまったく同じように、先に勝って、またマイナス、また勝ち、またマイナス、決勝戦は2対3で逆転され、試合に負けて、スコアは葉、葉、葉、九十五、株である。次の種目の試合は、もっと新人がベテランに挑戦して、国家チームに衝撃を受けて、国家チームのパートナーが世界チャンピオンになった。勇者たちの戦いの戦場には、コーチの自慢と心のファンの視線が入ってきて、団体戦の中でいい山東チームの自慢を表現している!~を願ってすべてを超えた静かに君と共に~卓球網―圆明

聚焦鞍山 丁宁朱雨玲樊振东在小沟里翻船-搜狐体育   9月23日,2016年乒乓球全国锦标赛男女团体比赛在鞍山顺利结束,结果上海队与四川队分别夺得男女团体冠军,其中上海男队实现三连冠,四川女队则在邱贻可总教练指导,金花朱雨玲带领下,第一次尝到全锦赛团体冠军滋味。   全锦赛受到各省队高度重视,为国内参赛人数最多,影响力也最大,是国家队教练考察人才的好赛事,更是乒乓新人爆出的舞台,因为根据规定,获得男女团体前四名的球队将直接获得参加明年全运会团体赛资格,而单打获得全国前八名,则直接升入国家队。[本文系乒乓网圆明原创]   因而特别是参赛小将难得一搏的好机会,天不怕地不怕,向高水平选手乃至全国冠军、世界冠军发起挑战。在本次团体比赛中,国家男女队各大主力除李晓霞外,悉数参赛为本队尽力,果然有几场就是几大主力吃了败仗。   在男团比赛中,前两轮小组赛,国乒队男女主力发挥正常,一般第一轮都雪藏主力,第二轮主力队员才出场,都顺利完成任务。   进入淘汰赛阶段,只有未来领军人物樊振东,在男团半决赛中,小胖作为解放军一号主力第一盘出战,以2比3不敌山东队小将孔令轩,首先以11-6拿下第一局,被孔令轩11-8扳平;继而又以11-5领先,又被孔令轩以11-9追平,决胜局以11-13惜败。[本文系乒乓网圆明原创]   女团比赛,新科奥运会冠军丁宁与上届冠军未来核心朱雨玲以及陈梦都分别输掉一分。   在1 8决赛中, 3比1朱雨玲(5,12,-9,1) 朱雨玲因为网球肘复发,以1比3输给湖北队冯亚兰,比分是5-11、10-12、11-9、1-11。   在1 4决赛中,山东队第一主力陈梦也以1比3不敌队友主场作战辽宁队的文佳,文佳在前两局取得主动,以11-6、11-5连胜,陈梦以18-16扳回一局,第四局文佳以11-9胜出。令人眼前一亮的是大满贯李晓霞,在这场比赛中第一次以教练身份进行现场指导,首秀出师不利,有些急躁,显然不如自己上场打得痛快。[本文系乒乓网圆明原创]   北京队的丁宁在第二盘迎战黑龙江车晓曦,与樊振东的赛况完全一样,先赢,再负;再赢,又负;决胜告负,从而以2比3被逆转,输掉比赛,比分为11-7、3-11、11-8、9-11、11-7。   接下来的单项比赛,更是新人挑战老将,省队冲击国家队,国家队陪练刺破世界冠军,勇者爆冷的战场,会有不少新面孔进入教练的法眼以及真心球迷的视线,就象团体赛中表现不错的山东队孔令轩、江苏队孙闻一样,令人眼前一亮!   ~愿超越一切的平静与你同在~   乒乓网―圆明相关的主题文章: